工事内容

各種防水工事

work01

防水工事にはアスファルト防水、ウレタン防水、塩ビシート防水、ゴムシート防水等、様々な種類の工事があります。
それぞれの工事を行うにあたって、長年の経験から適切な場所や方法を選び、ご要望にお応えいたします。

シーリング工事

work02

防水工事において、必要不可欠な工事としてシーリング工事があります。
外壁同士の隙間や外壁とサッシの隙間、サッシと窓ガラスの隙間など、住宅に存在するつなぎ目・隙間をシーリング材で埋める工事です。
シーリング工事には、つなぎ目から侵入する雨漏りを防ぐ「防水性」、地震などにより建物が揺れた際に伸縮性により建物を守る「耐震性」の目的があります。

下地補修工事

work03

下地補修工事は、建物本体(コンクリート)のひび割れ、欠損、浮きなどを補修し、建物の寿命を延ばします。
「防水工事」「塗装工事」においての仕上がりにも大きく影響します。下地補修工事後の、各種工事での効果を確かなものにする、非常に重要な工事です。

塗装工事

屋根や外壁は外部の影響を直接受けるため、屋根や外壁の塗装面は傷みやすく、劣化した場合は「塗装」や「取替え」というメンテナンスが必要となります。
屋根や外壁に使用されている材料・状態を調査し、ご要望に合わせて適切な塗装工事をご提案いたします。お気軽にご相談ください。